オークションは業者の中古販売より圧倒的に安いがリスクのあることを忘れずに!

オークションで農機具購入

ヤフオクで農機具のオークションを見る男性

農機具は安く欲しい。業者の販売は高い!!

それならオークションで買ってしまえば農機具は安く購入できるのでは・・・?
このように思っている方も多いでしょう。
農機具のオークションは主に業者用オークションとネットオークションがあります。
乗用車のように会場や市場の数は多くなく、業者用オークションなら栃木県にあるアライオートオークション小山会場。ネットオークションならヤフオクが定番です。
どちらも業者の中古販売より圧倒的に安く買えますが、注意が必要です。

 

基本的には現車確認を行い、不具合がないか作動状態も含めて確認します。
オークションの出品情報に記載されていない不具合を発見する目利き力が必要です。
購入後の不具合によるトラブルやクレームが非常に多い業界なので、目利き力のない場合や現車確認する時間を作れない人はなるべく手を出さない方がいいです。

 

 

業者用オークションを利用する方法

 

業者用オークションは車や農機具、重機の売買をしている業者しか利用できない会員制のサービスです。
入会するには保証金(10万円)を払う必要があり、古物商やショールーム、展示場を持っていることが入会条件で厳しい審査も行われます。
個人が単発利用する際は業者用オークション代行サービスを使いましょう。
代行手数料の相場は1台につき5万円からです。別途、オークション会場に払う手数料で1万円~2万円ほどかかります。
ほかにも陸送業者を利用する場合は距離や大きさに応じた輸送費がかかります。
ネット入札できるサービスもあるので、全国には業者用オークション代行業者が多数あります。
しかし、ネット会員ではオークション会場に入れない場合もあり、代行業者でも現車確認をできません。
できればオークション会場の直接の会員になっている業者を利用して、プロに現車確認の代行を依頼するか、一緒に会場にいって現車確認をすることが望ましいです。
現車確認や会場への同行も依頼すると代行手数料で10万円ほど取られることもあります。
乗用車とは違い、オークション会場も少ないので地域によって利用に適さないこともあります。

 

 

目利きや軽整備をできれば利用する価値はある

 

ヤフオクはもちろん、業者用オークションでも中古重機の現状販売はトラブルが多いです。
出品情報に不具合を明記されていないこともあるので、現車確認せずに写真だけで入札するのはリスクが高いです。

 

現車確認をしてオイル漏れなど大きな不具合さえなければ、利用する価値はあります。
販売業者の中古購入とは違い保証はないですが、農機具は丈夫に作られているので現車確認で不具合のないことさえ確認できれば古い型でも、買ってすぐに壊れるリスクは少ないです。
オイル交換などの軽整備さえすれば、その先長く使える可能性はあるので、多少の故障リスクはあっても安く買えることを踏まえて考えれば利用する価値はあります。

 

現車確認をする時間を惜しんだり、細かい不具合を見極める自信がなければ手を出さない方がいいです。
販売業者よりも数十万円安く買える可能性のある一方で、数十万円単位で損失を出すリスクのあることを踏まえて検討してください。